スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狂気の夜

2013.03.01.02:54

「実家からボンタンが送られて来てさぁー」

その日の夜、私と友人の「らいざ」さんのスカイプでの通話は
らいざさんのそんな言葉から始まった。

「ボンタンって何?」と私が訪ねると
らいざさんは「蜜柑みたいな果物だよ ただ…すごく大きいんだ、
今、ネットで検索したんだけど、別名「ザボン」だって」

「あーあのドラゴンボールのザーボンさんのザボンね」と私が言う。
いつもの雑談だ、私とらいざさんはこういうくだらない話から色々と妄想をふくらませていく。

そう いつもと同じ…

ベキッ ベキキキキ

「!?」
「らいざさん今の音 何?」

「あー今、ボンタンを剥いてるんだけど皮が厚くてさぁーカッターで切ってるんだよ」

…なんだ、大げさな音がスピーカーから聞こえたから何事かと思った。

「コレその写真」

らいざさんから写真の画像が送られてきた。


ボンタン



「え?」

送られて来た写真は、私にはどうみても果物には見えなかった。
なんだこれ…

これはまるで

頭部の断面じゃないか。

そう思った瞬間 「ハッ」っと気づく。
らいざさんは科学者だった…好奇心が強く、何よりも楽しさを優先する。

ミチッ ミチッ ミチミチミチミチミチ!!!!!!!

何かを無理やり剥がすような不快な音がスピーカーから流れ、
頭の骨を内側から撫でられているような感覚がして私は気持ち悪くなった。

「あー皮が硬くてなかなか身が見えないなー ははははは」

楽しそうに笑うらいざさんの声と気味の悪い音が交互に聞こえる。

私は背筋に寒いものを感じながらも、いつものように相槌を打った。

らいざさんに動揺を気づかれてはならない。

でも…頭部だとしたら何の?…まさかにん…いや違う あんなに小さいわけはない。
サイズとしては猿?猿か。

混乱と恐怖が一気に押寄せて来たからだろうか、それが治まると
今度はやけに冷静になり分析を始めている自分がいた。

ミチッ ミリミリ グシュア

「うわっ!」らいざさんが急に驚いた声をあげる。
「身をカッターで切っちゃって汁がかかった!あーカッター錆びたりしないかなー」
「ぅぐッ…!」
その様子を想像してしまい激しい吐き気が襲う。

出してしまいそうになる「モノ」と声を押し殺すため両手で口を塞ぐ。
「…ッ…ッ……!!!」

声を出してはいけない 私の動揺を感づかれてはいけない。

あの「真面目な」らいざさんの事だ、目的も無しに猿を解体したりしない、
あんな画像を送ってくるなんて楽しむにしてはリスクが高すぎるんだ。
恐らくはメッセージなのだ。

私への



次は…
ボンタン
  






ぼんたーん!

って妄想をしててこんなのをブログに書きたいってらいざさんに言ったら
「好きにやってくれ!」って言ってもらったので やってやりました!!

らいざさんありがとう!


そんな らいざさんの書いたボンタンに関するブログの記事は「こちら」です。

スポンサーサイト

comment

Secret

はじめまして
プロフィールです。

六色 柴乃助

Author:六色 柴乃助
ようこそ「黒卵かけご飯」へ

新しいヤツ
最新記事です。
カテゴリ
分けています。
拍手みたいなモノ
何かが生まれます。(ハズレもある)
web拍手
ありがたメッセージ
最新コメントです。
カウンター
カウントします。
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンクです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。